28歳女子の日々思うことを綴ってます。


by namihatake1001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2004年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

勤労感謝の日。

本日11月23日は勤労感謝の日です。
東京地方はかなりいいお天気ですごい数の人が外に出ている感じがしました。
バイト先はずーっと込み続け、大変でした。しかも、財布を忘れてしまい、かなりお腹が減ったまま8時間も働いてきちゃいました。多分朝からご飯を食べていなかったせいで、午後は記憶力がありえないくらい落ちてしまい、うちのお店はオーダーを機械ではなく、記憶するので散々でした(涙)しかも、普段は一人で静かなお客様が多いお店なのに、子供がいる家族連れが多く(何かイベントがあったらしい・・・)、一つのテーブルのオーダー数が半端じゃない!本当、非効率的なシステムだと思います。機械で入れれば、忘れることはないのに・・・

勤労感謝の日なんだから、いっそうのこと日本中のお店というお店を閉めて、かつみんなお仕事なんかしない日にしちゃえばいいのに。って思いました。
それとも、勤労感謝の日って、働ける幸せを実感する日なのでしょうか!?
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-23 21:57 | 日々の出来事。

ミスコン☆

私が実は密かに好きなblogは、このexciteのblogのトップページにもありますが、
慶応大学のミスコンの候補者の女の子たちのブログです☆
もう、ず~っとほぼ毎日見てます!

みんあ個性的でかわいい子たちばかりでてます♪
華やかだな~♪なんて思いながら毎日見てます。
こんなことを書いてると私がちょっとおかしな子のようですが、
本当にかわいいのでぜひ見てみてくださいねー!

でも、これは学園祭が終わると、ブログも終わってします(涙)
毎日楽しみにしていたblogがなくなるなんて悲しいですよね~。
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-21 21:54 | 好きなこと。

お歳暮☆その2

今日は商品券を扱ってました。
商品券って、現金でしか買えないの知ってました!?金券なので現金扱いだそうです。

商品券ってもらうと嬉しいけど、あげるのはちょっと物足りなくないと思いませんか?
私は結構人にプレゼントするのが、好きなので、そしてどちらかというと自分の趣味を押し付けてしまう方なので、商品券はあまりというかほとんど考えられないな。

しかも、ダイレクトに金額わかっちゃうし。。。1万円の商品券なら1万円したんだな~ってさ。
それが私にはちょっと味気ない感じです。

今日やっていたなかで、
新潟の魚沼産のこしひかりは、災害の影響とかで欠品になっていてちょっと、悲しかったです。「これがいいのに、残念。」と言われて、私も残念でした。災害の影響っていろんなところに出るんですね。

今年はこういう自然災害が多いから、全体的にお歳暮自体が自粛ムードっていうのもあるみたいですけど。私は個人的にお歳暮制度は好きかな~。もともとお歳暮って今年一年お世話になりました。っていうお礼の気持ちみたいなものだからさ♪無駄な贈りあいかもしれないけど、なんというか、日本版家族、会社単位のクリスマスって感じだし。

今年一年のお礼の気持ちって思えば、お歳暮選びももっと楽しくなりませんか?☆
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-20 23:40 | 日々の出来事。

お歳暮☆その1

世間の若者にはほど遠い世界の話。そう、お歳暮の時期到来です。

お歳暮なんて、自分とはほど遠い世界のことのように感じますが、意外に世間のみなさまはお歳暮を律儀に送ったりしているんですね。

お歳暮の受注のバイトをしていますが、本当に難しい。やっぱり、いろんな人がいるわけです。喫茶店などでバイトをしていても、そのお客様の家庭事情とかはあまり知る機会はないのですが、お歳暮とかだと、いろいろ考慮しなければならないことも出てきます。

「喪中なんですけど、お歳暮はどのように贈ったらいいのですか?」
「入院していた際にお見舞いをもらったんだけど、退院できないままなくなって、でもお返しがしたいのだけど、どうしたらよいの?」
・・・とにかく、みなさんいろんな事おっしゃる。

そして、結構驚いてしまうのが、お年寄りの方でも、のし紙のことについて知らない人が多いってこと。きっと、知る機会がなかったんですね。知らないよりは知っていた方が良いし、のしの意味がわかると、送られる立場になったらなかなか楽しいと思います☆
ほ~んと、毎日勉強になります!

そして、トータル12時間近くもバイトしてたらかなり疲れ果ててしまいました。
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-18 22:26 | 日々の出来事。
就職活動が4月に終わってから、私は友人とスタバで、卒業までにやりたい事、やるべき事を付箋に書いて、手帳に貼っておきました。
その時は、

・アメリカのホストファミリーと友達と再会する
・槍ガ岳、穂高岳に登る
・富士山に登る
・ダイエッター
・資格をとる
・筋トレを継続する
・ヨーロッパの友達に会いに行く
・彼氏を作る!

いっぱい書いておりましたが、まあ、今の時点での達成率は8分の4.5くらいでしょうか。この微妙な感じは、いろんな意味を含んでおりますが。なかなか満足する結果です。

で、先日、新たにまた卒業するまでにやりたい事、やるべき事を書いてみました。
今回は前回の達成されていないものプラス「年賀状を書く」、「卒論」、「もっと中身のあるブログにする」、「読書をもっとする」などが加わりました。

まあ、何が言いたいのかと言われれば、たまにこうして自分を振り返ってみるのも案外楽しいですよ♪がむしゃらに生きるのも楽しいと思います、たまーに振り返って自分がやってきたこと、これからやりたいことを書いてみると、何もしなかったような日々でも何かしらやっていたり、忙しかったなーなんて思ってても、案外何も残ってなかったり。。。
あと、数ヶ月、ちょっとまた意識を新たにして卒業まで生活していきたいと思う今日このごろです。
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-17 00:25 | 日々の出来事。

半落ち☆横山秀夫

これは、映画の方を先に見ていたので、話の流れは大体把握していた。実際、本だけで読んでいたら、なかなか難しい警察、検察、司法の関係だが、映画を見ていたからこそ、理解しやすい部分が多かった。結末が多少異なっていたが、主人公の梶さんは、日本人魂を感じさせる人だという印象を受けた。最後まで、自分を犠牲に、そして誰かのために生きる。

「あなたは誰のために生きていますか?」

自分のことばかり考えて生きている現代人に、そして自分自身に痛烈に響いた。

本当は、梶さんのやってることは良くないのだと思う。やはり法や裁判では本当の真実や、半落ち
横山 秀夫 / 講談社
ISBN : 4062114399
スコア選択: ※※※


人間は裁けないのだと感じた。
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-16 20:03 | 読書日記。
最近バイトが日常生活の一部と化してます。
普通に朝8-12時とかやってから、大学行ったり、遊びにいったり。。。一日バイトしてる日もあるけど、これくらいの時間なら、バイト後にもなんでもできるから、朝のバイトは好きなんだな☆

昨夜は「くら寿し」っていう回る寿しに行ってきました!今一皿88円やってるので。久しぶりに押すし食べて美味しかった!やっぱ、くら寿しは回ってる割にかなり美味しいよ!てか、いまどきは回っていようと美味しい店が多そうだけどね。

そうそう、最近感じることは、歳をとるにつれて味覚も変わってきたな~なんて実感することが多くなったこと。例えば、前まではタイヤキとか、饅頭とかのあんこものは、あれば美味しく食べるけど、べつになかったらなかったで、いいや~って感じだったのに、今はあんこを欲し、饅頭やタイヤキを買ってしまうようになりました。反対に、お肉とかは毎日は食べれなくなりました。週2、多くて3くらいでいいかな~って感じです。

昔、この美味しさがわからなかったものが美味しく感じるようになると、私も大人になったんだな~なんて感じるけど、反対に何でこれが美味しいと思ってたんだろ!?なんて思うこともあるけど。そういうことってあるよね!?
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-13 18:03 | 日々の出来事。

トキオ☆東野圭吾

将来の自分の子供に会う。。。そんな信じられないことを背景においてこの物語はスタートする。主人公はトキオという、未来の自分の子に、結婚する前に出会い、突然他の男と消えてしまった彼女の行方を追う。今とはかけはなれた、何も続かないダメ人間だった昔の自分にいろいろなことを言ってくるトキオは、自分が彼の子供だということをばらさない。始めのうちは未来の父親のほうは、トキオを邪魔にしているが、そのうちかけがえのない存在に感じてくる。

読む前から、トキオってどんな意味なんだろう?って思っていた。まさか、人の名前だとは・・・東野さんの小説は、本当に読み手をわくわくさせてくれる。自分の子供と知らないうちに会うなんていう設定じたいなかなか思いつかない。自分だったらどう思うのかな。トキオ
東野 圭吾 / 講談社
ISBN : 4062113279
スコア選択: ※※※※
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-08 00:31 | 読書日記。

手紙☆東野圭吾

殺人を犯してしまった兄と、「殺人犯の弟」というレッテルの張られた弟の人生。
弟想いの兄が弟に刑務所から手紙を書き続ける、弟もそれに返事はしていた。だが、「殺人犯の弟」というレッテルは、世間では想像以上に弟の人生の大きな壁にある。弟は誰も頼れず、信じられないようになり、全ては殺人を犯してしまった兄のせいだと思う。

罪を犯すというのは、自分だけにその見返りがかえってくるのではなく、自分につながりのある人間にも大きな影響を及ぼす。罪をつぐなうというのはその殺人者だけではない。寧ろ、残された人たちなのだろう。罪を犯すときにそんなことを考えている余裕はないのだろうが、普段の生活からそういうことを感じながら生活していれば、そうそう犯罪なんて起きないのかな~なんて思ってしまいます。手紙
東野 圭吾 / 毎日新聞社
ISBN : 4620106674
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-08 00:19 | 読書日記。
久しぶりに小説っぽい小説を読んだな~という感じがした。恋人を自分の兄にとられてしまい、それを受け入れられず、友人の紹介で山奥のペンションで働くことになった大学三年生のそこでの生活と、彼の周りの人々の生活を描かれている。

この小説を読んでいると、みんな悩みを抱えてるのに、なんだか心が温かくなった。人間は常に悩みながら生きてるのかもしれないと思わずにはいられない。それは年齢も性別も環境もあまり関係ないのかもしれない。そんな登場人物たちを身近に感じたからこそ心が温かくなったのかもしれない。

受け入れられないけれど、受け入れなければいけないものは歳をとるにつれて以外にあるんだな~と感じる今日このごろです。

すべての雲は銀の…〈上〉
村山 由佳 / 講談社
ISBN : 4062747537
スコア選択: ※※※※※


すべての雲は銀の…〈下〉
村山 由佳 / 講談社
ISBN : 4062747545
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by namihatake1001 | 2004-11-07 23:12 | 読書日記。